Lien Blog

2019.09.25

Lien papa の ひとり言 30

今週もよろしくお願いします。 

Lien papa のひとり言 

今回はベルガモットがエキゾチックに香る、気品高い紅茶アールグレイティーについてみていきたいと思います。

 

 

誤解されていることが多いのですが、アールグレイとは、茶葉や産地の名前ではありません。

では何かというと


ベルガモットという柑橘類で香りをつけた紅茶のことです。


柑橘類ベルガモットの香りを着けた紅茶のことをアールグレイと呼びますが、紅茶である以上、ベースとなる茶葉があるわけです。



ではそれはどこの茶葉かというと、これが、特に決まっていないのです。



多くはキームンという、中国の茶葉が使われていますが、セイロン(スリランカ)のものが使われることもありますし稀にダージリン(インド)を用いたりすることもあり

ます。

アールグレイはベルガモットの香りが特徴で、これはベースがどんな茶葉でもそうなのですが、味や濃さなどは、かなり違ってきます。


つまりダージリンやウバといった、茶葉の産地をさすものと違いアップルティーやストロベリーティーのような、フレーバーティーの一種です。

 

アールグレイティーは、いわゆるフレーバードティ(着香茶)です。

 

アールグレイ とはグレイ伯爵の意であり、1830年代のイギリス首相、第二代グレイ伯チャールズ・グレイに由来すると言われています。

 

今週も紅茶、珈琲好きオヤジのひとり言にお付き合いいただきありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム