Lien Blog

2019.09.20

Lien papa の ひとり言 29

 

今週もよろしくお願いします。 

Lien papa のひとり言 

今回は前回の続きで、ウバティーの効能のような所について、みていきたいと思います。

 

ウバティーはミルクとよく合う濃厚な風味が特徴ですが、このウバティーにも健康、美容など様々な効能があると言われています。

<ウバティーの主な成分と効果>

l  タンニン

渋みの成分、タンニンが豊富に含まれています。

強い抗酸化作用で、活性酸素を取り除く効果があります。

活性酸素は、悪玉コレステロールや動脈硬化の元になってしまいますが、これを取り除くことにより、コレステロールの抑制も期待できます。

また新陳代謝を活発にする働きにより、ダイエット効果が期待できます。

そして、タンニンは開いた毛穴や皮脂腺を引き締める効果があるので、綺麗なお肌を保ってくれたり、メラニンの増殖を防いでくれることによる美白効果もあるそうです。

l  カリウム

ウバティーに含まれるカリウムには利尿作用があり、体内の余分な老廃物やナトリウムを体外に排出する働きがあるため、むくみの予防やダイエットの助けになります。

l  カテキン

カテキンには高い脂肪燃焼効果があり、痩せやすい体を作ることができます。

食事と一緒に摂取することで、よりいっそう燃焼効果を高めることができます。

また過酸化物質の生成をおさえるので、アンチエイジング効果も期待できます。


 

l  サリチル酸メチル

ウバ特有の芳香、消炎作用をもちます。

これらは高ぶった気分を沈静化し、気分を落ち着ける働きがあります。

 

   カフェイン

カフェインは中枢神経に作用して、覚醒効果を高め、気持ちを落ち着かせます。

また、疲労回復にも効果があります。

 

 

<ウバティーを飲むときの注意>

ウバティーには、コーヒーの半分ほどのカフェインが含まれていると言われています。

ですからウバティーを飲み過ぎると、カフェインの取り過ぎになり、吐き気や胃痛、不眠症などの症状が出る可能性があります。

そして、ウバティーに含まれる抗酸化物質は、鉄分の吸収を妨げる性質があります。

貧血気味の人がウバティーを飲み過ぎると、貧血の症状を悪化させる恐れがありますので、飲み過ぎには注意してください。

 

 

何にでも適量というものがあるということですね。

 

以上がウバティーの特徴です。

 

中でもダイエット、美肌効果等は試してみても面白いと思います。

 

今週も紅茶、珈琲好きオヤジのひとり言にお付き合いいただきありがとうございました。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム