Lien Blog

2019.05.19

Lien papa の ひとり言 11

 青葉が香る初夏の風が吹く季節いかがお過ごしでしょうか?

 今週は、水虫退治に対しての関係をみていきたいと思います。

まず、水虫とは?

それはカビの1種である白癬菌が硬蛋白質を主成分とする角質層に寄生することで引き起こる感染症のことで、

一般には水虫(みずむし)という通称で知られています。

白癬菌は角質内部へ侵食し定住します。

この領域では白血球による駆逐も不可能であり、

また皮膚の新陳代謝以上のスピードで侵食するため、自然治癒は期待できません。

 

では、紅茶の何が白癬菌に影響しているかといったところですが、

 

如何やら紅茶に含まれるカテキン、紅茶ポリフェノールの殺菌効果が水虫の真菌である白癬菌に効果があるみたいです。

水虫の原因菌、白癬菌を紅茶に加え1週間培養した結果、紅茶の抗菌力が白癬菌の活動を抑制することが分かったそうです。

何でも通常に飲んでいる濃度の20~40倍薄いカテキンでも殺菌効果が確認されているらしいです。

このことから水虫対策に効果があるといわれています。

水虫の悩みを、紅茶で解決できるのは嬉しいことです。

使い方としましては、水虫用に紅茶をいれる場合には、沸騰したお湯で抽出し、冷ました紅茶に患部を浸してください。

 

紅茶の出し殻を使って、患部を拭いたり湿布したりしラップで巻きつけて就寝する等の方法がおすすめだそうです。

 

靴の中も殺菌


出がらしを乾燥させて、靴の中などに入れておけば、まだ生きている白癬菌を退治することができます。

 

もちろん、この方法で必ず水虫が改善されるというわけではありません。


紅茶が白癬菌に効果を発揮するのは、水虫の初期段階の場合のみだと思います。


重症化または爪白癬などの場合は信頼できる皮膚科の医師に診てもらう事をおススメします。


日本の夏は高温多湿のため、白癬菌にとっては最高の環境です。

 

常日頃から部位を清潔に保ち、白癬菌を寄せ付けないようにしましょう。

 

 

足を清潔に保つ事は、最低限必要な事であり、最高の予防策でもあります。

 

 

今週も紅茶、珈琲好きのオヤジのひとり言にお付き合いいただきありがとうございました。

 

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム